メイン

井戸なんでもQ&A

井戸に関して日常気をつけなければならないことはありますか。

日常の管理としては以下の項目を確認してください。

1.水中ポンプの電流値の観測

2.地下水位の観測

3.揚水量の確認

これらが正常値であれば問題ございません。

井戸内が破損した場合、何か対策はありますか?

井戸が破損した状態で対処せず使用し続けると、井戸崩壊や水中ポンプ等の機器的なトラブルの原因になりまねません。

対策としては、二重ケーシングという方法があります。
これは既存の井戸の中に一回り小さいパイプを挿入し、ワンサイズ小さい井戸に仕上げる方法です。

この方法により、井戸は復旧しますが、ポンプ能力を小さくしたり、若干取水量が少なくなったりするという影響が出ることがあります。

そういったデメリットもありますが、

(1)井戸が復旧して使用できる、
(2)場合によっては砂の井内への流入を防ぐ事が出来る

というメリットも魅力ですので、有効な対策といえるでしょう。

井戸のメンテナンス方法はどのようなものがありますか。

井戸のメンテナンス方法は大きく分類すると以下の5項目があげられます。これらを適切な時期に行うことで井戸のメンテナンス(オーバーホール)を行います。

1.ブラッシング洗浄(イメージとしては煙突掃除みたいなもの!)

2.薬品洗浄

3.井戸底にたまった砂、ヘドロの除去を行う浚渫工事

4.地下水をくみ上げる水中ポンプの更新

5.揚水試験による井戸能力変化の確認


メンテナンスの理想的な周期は3年から5年の間に1度行う事が長く井戸を御使用いただけるポイントです。

このメンテナンスにより、比較的早く井戸の異常を発見することが可能となります。

たとえば、目詰まりが酷くなる前に発見できれば、比較的低コストで改善できますし、
ポンプを長持ちさせることにつながります。

つぶれてからでは遅い(修理費用が大きくなる)ので、早めの点検が重要となります。

ブラッシング作業


スワビング作業


温泉ポンプの引き上げ作業

井戸を掘りたいのですがどうしたらいいですか?

まず、利用にあたって要件を整理していきます。以下の3点に着目してください。

①水量(どの位の水量が必要なのか?)
②使用目的(何に使うのか?)
③井戸の計画地(井戸を使う場所は?)

この3項目をもって、ご一報ください。

これまでの実績と経験をもとにご相談承ります。

詳細部分に関しましては調査しなければならない部分もございますが、
お客様の近隣の井戸の有無、地域的な情報(地理的条件など)も調査し、後日お知らせ致します。

具体的な井戸の作業完了までの流れはこちらを参照ください。

井戸水の使用用途はどのようなものがありますか?

水質や地域により使用方法、用途はさまざまですが、多くは散水用、灌漑用、飲料用、工業用に多く使われています。最近は水事業の一環として飲料用で使用される事が多くなってきました。

井戸の種類はどのようなものがありますか?

井戸にも色々種類がございまして、主要な井戸は以下の様にまとめられます。

表層の地下水を採取する大口径の浅井戸

かちこみと言われる小口径の打ち込み井戸

深い地層から地下水を採取する深井戸

温泉を目的とした温泉井戸

他用途、目的により様々な井戸
    (例) 地熱井戸、ガス、地下水低下用


かちこみ井戸

井戸水をくみ上げる手段、いわゆるポンプはどんな種類がありますか?

簡単なものでは電気を使わない手押しポンプ!

電気を使用するものでは、ホームポンプや、深井戸用の水中ポンプがあります。


手押しポンプ


深井戸水中ポンプ(灌漑用に利用)


ホームポンプ例 (深井戸専用ジェットポンプ HPJD)

(深井戸専用ジェットポンプ HPJD ジェット付き)

資料提供 荏原テクノサーブ株式会社

いわゆる良い井戸とはどういったものなのでしょうか?

真っ直ぐ垂直に仕上げ、砂利がしっかりと充填され、何を言っても一番は砂が上がらない井戸がいい井戸です。水質は地域性により変化する為どうしようもありませんが、砂を上がらない井戸にするのは技術的によるものが大きい為、いい井戸に仕上げる事は井戸屋さんにとって宿命的なものです。

長い間使用していない井戸があるのですが、再利用可能でしょうか?

長く使用していない井戸というのは、井戸の状態、つまりどの位地下水を保有しているのか、また使用に耐えうる管状なのかを調査しないと正直わかりません。
一度揚水試験や井戸の調査を行いどの位使えるかを調べる必要はあると思います。昔の井戸データなどがあれば(柱状図、揚水試験データ他)そこからある程度の判断はできますが、実データにはかないません。調査結果を確認して問題なければ再利用可能となります。